<   2005年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
本来の姿
2大会前と同様にB組予選第3試合ブラジル戦を同点で終えた日本。決勝トーナメント出場には至らなかったものの、アジアから世界レベルの門出となる素晴らしい結果を残せたのではないだろうか。またこの大会は大黒の存在が本大会への未来予想図に欠かせない逸材ということを証明した。
[PR]
by miyazaki330 | 2005-06-23 06:00
ワールドユース モロッコ戦
勝てば3度目のベスト8を決めるトーナメント1回戦。日本はスピードを活かしたサイドアタックを武器とするモロッコにほぼ互角のプレイを見せた。ラスト1分に9番ラジュルに決定弾を決められるも最後のカレンのシュートまで諦めず果敢に攻め切った。今大会1勝もあげることなく終えた若き日本。3年後の北京、5年後のアフリカ大陸に向けさらなる飛躍を期待したい。
[PR]
by miyazaki330 | 2005-06-22 05:50
ギリシャ戦
2005年6月19日
1-0ギリシャ戦
フランクフルトスタジアム

メキシコ戦で消化不良に終わった感が否めなかった日本。ギリシャ戦、前半は打って変わって攻めに攻めた。横パスよりもゴールを狙う気持ちがブラウン管越しにも見て取れた。そして後半大黒の先制点が決勝点に変わったのは全員の闘志溢れる攻撃的プレーから生まれたのではないだろうか。残るブラジル戦もロスタイム終了まで諦める事なく戦って欲しい。
[PR]
by miyazaki330 | 2005-06-20 03:05
コンフェデレーションズカップ
d0047178_012531.jpg
コンフェデレーションズカップ
B組
日本(1)VS(2)メキシコ戦 キックオフ18:00
ハノーバースタジアム 24096人


最終予選決定後発の国際大会。舞台は来年再び訪れる事になるドイツの地。
北ドイツに位置するハノーバーは平均より高めの気温で近隣に生い茂るポプラの気から沢山の綿が風に乗ってピッチにふりそそいでいた。
国内の注目度を繁栄するかのような入場者数。そして国内放送のコメント。
ドイツの日本代表に対する痛烈な評価が目に見えて実感できた。

d0047178_0123151.jpg

一部情報では初戦を落としたチームが決勝リーグに残る確率は1割程度らしい。
残り2戦。同じく落とせないギリシャ、そして圧倒的な強さを誇るブラジル。
戦術と個々の力を使い切って
W杯出場を1番に決めたアジアの王者が2大会連続予選敗退という汚名を残さないためにも
決勝トーナメントへ進んで欲しい。

決勝T進出を決めた隣国の若侍達、そして優勝を決めたU13代表ら若きブルーの未来の為にも。
d0047178_0125622.jpg
[PR]
by miyazaki330 | 2005-06-20 00:13
ワールドユース初陣
所属チームでレギュラーでプレーする選手にA代表3人を擁したホスト国オランダを相手に前半個々の力による猛攻で2点のビハインドで折り返すが、後半に入り日本に落ち着きが戻る。水野、平山のホットラインから1点を返上し、途中交代のカレン、森本らもスピードある展開で足が鈍り始めたオランダから冷静さを奪っていった。初戦惜敗した日本、決勝トーナメントへの道はまだ十分に残っている。後半に魅せた勢いを保ち続け初の2大会連続指揮をとる大熊監督の下、2度目の決勝進出を目指してほしい。
[PR]
by miyazaki330 | 2005-06-11 05:36
日本ドイツへ
d0047178_22501459.jpg
無観客席、豪雨の不安を払い除け過去4戦の中で最も落ち着いた結果でドイツの扉を開いた。初めて先発で起用された稲本は累積がたまり次戦出場を逃し、怪我で離脱中の小野は絶望視されている。8月の試合は消化試合にすることなくB組1位通過を目指して奮闘してほしい。来週開幕するコンフェデレーションズカップ、そして8月の東アジア大会(再び北朝鮮との戦い)を制して、明日からちょうど1年後に開幕するW杯で決勝トーナメント進出を決めてほしい。
[PR]
by miyazaki330 | 2005-06-08 22:31
バーレーンVS日本
d0047178_049641.jpg
2006年FIFAワールドカップ
アジア地区最終予選B組
バーレーンVS日本
19時35分(日本時間25時35分)キックオフ 気温36度 湿度50パーセント強
日本人サポーター約2000名



3人の次戦出場停止者と引き換えに1点を守りきり手にした敵地の勝利。
すでに王手と歌う国内ムード。
そんな中、試合前、試合中、ハーフタイム、終了時と仲間にむかって身振り手振りで、チームを勝利へと誘導し続けた男「中田英寿」。

戦前、監督の構想では本来得意とするシャドーストライカーをまかされていたにもかかわらず、故障による適任者不在のため直前に再びボランチへ転換。

d0047178_0383796.jpg
そこでも本職の選手以上に身体を入れ、相手チームの起点を断絶していった。
前半で要のサルミーンがピッチを去り、体力の消耗も併せて動きが著しく低下したチームに追加点を得られなかった未熟度をこのまま修正する事ができなければ、今後に控えるコンフェデ、W杯本戦で大陸代表チームと相対した時に大きく影響してくるのは間違いない。

これから立ちはだかる難関は単にフォーメーション、信じる選手の起用に意識しすぎる司令官にとっては荷が重すぎるかもしれない。d0047178_0391075.jpg
[PR]
by miyazaki330 | 2005-06-05 16:08